黄金伝説。の大人気ローカル食堂!栃木県那須塩原市「こばや食堂」の「スープ入りやきそば」

スポンサードリンク

2015年2月5日にテレビ朝日「いきなり!黄金伝説。」で放映された
「他県からなぜかお客が集まる大人気ローカル食堂ベスト6」
の紹介!

サンドウィッチマンが調査!

第5位は 「こばや食堂」。

『食べていると味が変わる不思議な激ウマ麺 スープ入り焼きそば』

栃木県那須塩原市「こばや食堂」の「スープ入りやきそば」
【こばや食堂】

栃木県那須塩原市「こばや食堂」

『スープ入りやきそば』

栃木県那須塩原市「こばや食堂」の「スープ入りやきそば」

値段:650円

blog:http://blogs.yahoo.co.jp/kobayasuupuiriyakisoba
住 所:栃木県那須塩原市塩原795

店内をのぞいてみると、この日は大雪のため店内に行列が。

定食や丼ものなどメニュー豊富なこばや食堂だが今回は、お客さんの9割が注文する人気メニュー、「スープ入り焼きそば」

スポンサードリンク

こばや食堂は、23年前に息子の太資さんが引き継いだ親子2代の人気ローカル食堂。

では、およそ50年にわたり親子で守り続けてきた不思議だけど超人気な激ウマ麺。

使用するのはストレートの中細麺。

まず、豚バラとキャベツを炒めていきます。

一方、麺はさっと2分ほど茹であげ、フライパンに投入し 焼きそばを作ります。

すると器にしょう油ベースのスープを注ぎ、焼きそばをスープの中に入れればスープ入り焼きそばの出来上がり。

およそ50年前から那須塩原で親しまれてきた激ウマ麺。

実は、ある工夫で他県から一気に人が押しかけてくるようになったという。

店主の齋藤さんによると、「スープ入り焼きそば」の看板を外に掲示したところ、興味を持った客が増えて人気になったとのことです。

では、気になるそのお味は?
伊達「香りは焼きそばですね。」
富澤「スープはラーメンのスープ。
しょうゆラーメンのようなスープのような感じです。 」

では、中華麺の焼きそばは?
富澤「おいしい。
すすっている感じとかメンの歯ごたえはラーメンなんだけど、食べ終わって飲み込んだ後焼きそばを食べた後になる。
途中から味が変わるのがわかる。」

完食!

コメントを残す

サブコンテンツ

AdSense♪


rakuten

このページの先頭へ