茨城県 桜川市「ペンギン」の「俵ハンバーグセット」!黄金伝説。のローカル食堂

スポンサードリンク

2015年12月10日にテレビ朝日「いきなり!黄金伝説。」で放映された「他県からなぜかお客が集まる大人気ローカル食堂 ベスト5!その人気の秘密を調査せよ」の紹介!

長蛇の行列ができる日本各地のローカル食堂をサンドウィッチマンが調査します。

黄金伝説。のローカル食堂にサンドウィッチマンが挑戦!

1位は茨城県 桜川市「ペンギン」の「俵ハンバーグセット」

【1位】
茨城県 桜川市「ペンギン」
『俵ハンバーグセット』
値段:1782円

住所:茨城県桜川市真壁町塙世560-1

『包んで食べるジューシーグルメ』

写真は後ほど

週末は開店前から行列も出来、お店の隣には団体用の別館もあるほど。

しかもメニューは1品のみ。
それだけを求めお客さんがやってくるとのこと。

出迎えてくれたのは長女の朋美さん。
そして店主は…。
はとバスの目的地にもなるほどのすごい食堂を作ったのが井上のり江さん。

離婚をきっかけに子供4人を連れ43歳でこの洋食店をオープン。
しかし飲食店で働いた経験が全くなかったためお客さんが少なくなり…。

およそ15年前、客足が遠のいたお店を立て直すテレビ番組に応募すると見事採用。

スポンサードリンク

この番組で行ったプロの元での修行をきっかけにさらなる努力を重ね、料理の腕をめきめきと上げ…。
お店も軌道に乗り始めた中生まれたのが今回の名物グルメ。

さらにはとバスが来るほどの人気店になった立役者が長男の周一さん。

その頑張りによってはとバスをはじめ多くの旅行会社のツアーに組み込まれる名物店に!

果たして親子が人生をかけた包んで食べるジューシーだけどあっさりグルメとは?

つなぎはほんの少量。
99パーセントが黒毛和牛で出来た贅沢ハンバーグ。

これを油をたっぷり引いたフライパンへ。
転がしながら焼いてこれで終わり。

断面を熱々の鉄板でさらに焼いていきますが、
焼き加減を調節するため紙ナプキンで包みます。

ポイントは紙ナプキン。

繊維の隙間から程よく蒸気が逃げる事でベストな焼き加減になるんだそうです。

そしてこのジューシーなハンバーグはある意外なものを合わせて食べるという。
それがフランス ゲランド産の塩。

ジューシーなのにあっさりグルメの正体とはミネラル豊富なお塩で頂くハンバーグ。

実はこのハンバーグ塩以外にも6つ味が選べるのですが、
お店のオススメは地元茨城の名産品を使った納豆ソースとのことです。

コメントを残す

サブコンテンツ

AdSense♪


rakuten

このページの先頭へ